能・狂言・日本舞踊・現代舞踊「一粒萬倍 A SEED」2019舞台装花のご依頼

2019年5月16日

フラワーアレンジメントオーダー事例

東京 銀座のGINZA SIXにあります二十五世観世左近記念観世能楽堂で
2019年5月13日(月)、2019年5月14日(火)にわたり3回の公演が開催された
「一粒萬倍 A SEED」新元号の門出を祝う奉納舞台では、
2018年11月での公演に引き続き、今回も、舞台用装花を担当させていただきました。

能・狂言・日本舞踊・現代舞踊「一粒萬倍 A SEED」2019舞台装花 ≫ 2018年11月公演「一粒萬倍 A SEED」についての記事はこちら


八百万の神々と五穀が誕生するまでの物語を能・狂言・日本舞踊・現代舞踊が一つにつながり、
邦楽囃子・太鼓・笛・筝・尺八・バイオリン・チェロによる演奏のなか繰り広げられる豪華絢爛な舞台で
物語の中でも重要な位置づけになる舞台用装花。

歌舞伎舞台装花オーダー制作事例

能・狂言・日本舞踊・現代舞踊「一粒萬倍 A SEED」2019チラシ

HPではフラワーデザイナーとして名前も掲載していただいております。

≫ 「一粒萬倍 A SEED」のホームページはこちら

海外向けサイトにも作品の舞台装花と共に写真が掲載されています。

歌舞伎舞台一粒万倍オーダー花

≫ 「JAPAN Forward」のホームページはこちら